林 昌広 MasahiroHayashi ライフービング 御宿海援隊 監視員 拓殖大学LSC ライフセーバー

HOME

Profile

History

WORLD TITLE

Record of challenge

            

林 昌広 PROFILE
出  身  地  : 富山県
生 年 月 日  :1978年1月3日
血  液  型  : A 型
身     長  : 190cm
体     重  : 85kg

略   歴

平成 8年 3月
  静岡県立静岡商業高校 国際経済科  卒業

平成12年 3月
  拓殖大学商学部経営学科 卒業

平成15年12月
  綜合警備保障株式会社  入社

平成20年11月
  株式会社 ビタミンiファクトリー 入社

平成24年 4月
  有限会社 セブスポーツ 入社
 平成25年 7月   株式会社 アニバーサリー 入社
 平成27年 4月   御宿町役場 入庁
 拓殖大学在学中、ライフセービング部へ入部。
 千葉県 御宿海岸にて、御宿海援隊の一員として活動を開始。
 大学卒業後、民間企業に就職するが世界大会への挑戦を目指し退職。ライフセービング競技を中心に活動を開始。
 平成15年 綜合警備保障鰍ヨ入社。競技活動への理解をいただきプロアスリートとして競技活動に専念する。RESCUE2008出場後、退職。
 平成20年 株式会社 ビタミンiファクトリー 入社。これまでの経験に加え、ビジネスの勉強のために入社。新規営業にて貴重な新市場の開拓を経験。同時に拓殖大学ライフセービング部 監督に就任し、同部活を全日本学生プール選手権大会 男子総合優勝(2連覇)を達成。当時の日本新記録を学生チームで更新する。
 平成25年 株式会社アニバーサリー入社。新規雇用創造事業に従事し、海浜環境を活用した体験プログラムの調査・研究に従事し、現在に至る。  
     
 ライフセービング競技の花形種オーシャンマンレース(アイアンマンレース)を得意とし1999年の全日本学生戦選手権にて優勝、2000年〜2008年 全日本代表チームに選出。2009年度まで 全日本代表選手として、世界大会をはじめ多くの国際大会へ出場。
     
 2005年・アジア大会 2006年・世界大会 2007年・アジアパシフィック大会 2007年・三洋物産 チャレンジ 2008年・世界大会では日本代表チームキャプテンを務める。

 2006年 三洋物産 チャレンジでは選手兼監督として日本代表チーム 3位入賞を果たす。
    
 数々の職業体験を経て、拓殖大学ライフセービング部 監督、日本ライフセービング協会 各種委員会に所属。後進の育成・環境整備に努めている。

      

 

ライフセービング全日本代表選手出場記録
          

2000年

 RESCUE2000 世界選手権大会(オーストラリア)

2001年

 第6回 ワールドゲームズ 2001秋田大会 ライフセービング競技

2002年

 RESCUE2002 世界選手権大会(アメリカ):テロ事件のため不参加

2004年
   

 アジア太平洋地区ライフセービング選手権大会(平塚、藤沢)
 RESCUE2004 世界選手権大会(イタリア)

2005年

 アジア室内ライフセービング選手権大会(香港):代表チームキャプテン

2006年
    

 RESCUE2006 世界選手権大会(オーストラリア):代表チームキャプテン
 
三洋物産 INTERNATIONAL LIFE SAVING CUP 2006代表チーム選手兼監督

2007年

    
 
     

 全豪ライフセービング選手権大会 全日本代表ツアーチーム選手
 アジア・パシフィック ライフセービング選手権大会(シンガポール)
                               代表チームキャプテン
 
三洋物産 INTERNATIONAL LIFE SAVING CUP 2007代表チームキャプテン
 
INTERNATIONAL SURF RESCUE CHALLENGE(オーストラリア)

2008年

 RESCUE2008 世界選手権大会(ドイツ):代表チームキャプテン

       

 2001年 ワールドゲームズ 秋田大会
  ボードレスキューレース
3位(メダル獲得)

 
2005年 アジア大会
  200mスーパーライフセーバー  
優勝
  アジア大会 日本代表チーム 
総合優勝

 2006年 RESCUE22006 世界選手権大会
  
200mスーパーライフセーバー 12位(日本新更新)

  2006年 三洋物産 INTERNATIONAL LIFE SAVING CUP 2006 日本チーム 3位

  2007年 アジア・パシフィック ライフセービング選手権大会 日本チーム 準優勝

  2007年 三洋物産 INTERNATIONAL LIFE SAVING CUP 2007 日本チーム 3位

HOME

Profile

History

WORLD TITLE

Record of challenge